九州平日トライアル 2010 第5戦

■開催日:2010年9月21日

■会場:遊PARK (大分県中津市耶馬渓町福土)

■参加台数:16台

■主催:九州平日トライアル企画

 

九州平日トライアル第5戦に参加してきました。

今回は連休後の平日開催ということで参加者の少ない大会となりました。しかし、その顔ぶれはいずれもエキスパート揃い、ハイレベルな戦いが期待できました。今年の傾向として若い選手の活躍が目を引きます。大会に対する取り組みの姿勢、順位を一つでも上げようとする意気込み、WSTCCへの権利獲得への意欲等、近年稀に見る素晴らしい選手たちが育っています。ベテラン勢もシリーズ終盤戦、ポイントを獲得したいレースでした。

準備されたセクションは6つ、いずれも「平トラ」という様な厳しいセクションでした。台数の関係でこの日は1セクずつのオープンとなりました。出走順はくじ引きで決められくじ運も勝敗に大きく影響しました。特に午前中最後の3セクは1人目の選手が通過した後はコース内の岩が動いて2人目以降の選手は誰もゴールすることはできませんでした。

午前は3セクを終了しましたが暫定結果ではやはり若手の選手がレースをリードしていきました。ベテラン勢危うし!

レースが大きく動いたのは午後最初にオープンとなった4セクでした。スタートした直後のロックは今回コースオーナーが岩を組み直した新設のエリア、簡単にはクリアさせていただけません。多くの選手がここで涙を飲むこととなりました。通過者2名、ここで惣川選手がトップに立ちました。1セクずつの走行は順位が分かるのでその後の駆け引きもレ-スには重要でした。5セク・6セクは比較的通過者が多かった為、減点が何点だったかで順位が決定しました。

レース結果は優勝は私でした、今期初優勝、4セククリアが効きました。2位に黒川選手、流石に安定した走りでした。3位に初入賞で表彰台獲得の前田選手、午前中トップで折り返し後半粘りの走りでポイントゲット、おめでとうございます。4位に実力者、末永選手、1セクのベストスコアが効きました。5位に瓜生選手、終始粘りの走りで入賞、最近力をつけてきました。6位に惣川選手、一時トップに立つも5・6セクで10点を貰ってしまい惜しくも優勝を逃してしまいました。

今回、入賞できなかった選手の中にはマシンが壊れてしまいリタイヤとなった選手も数人いました。厳しいセクションのため車への負担が大きかったようです。マシンを労わりながら走ることも大切なテクニックと思います。日頃のメンテナンスも含め頑張っていただきたいと思います。

2010年の平トラも残り1戦となりました。最終戦でシリーズランキングとWSTCCの代表選手が決定します。皆さん次回最終戦でまたお会いしましょう!

  

<主催者からのレポート>

残暑厳しい遊パークにて、九州平日トライアル第5戦開催をしました。

参加台数16台、平日開催に付き少なめですが、いつも同様内容はかなり充実したものとなりました。

前回の"篩いにかける"コース設定ではなくは、"実力を出し切るには"ような設定には、エントラントはもがきながらも喜んでいるように見えますという。

特筆すべきは、北九州勢の上位進出。難しいといわれる平トラにて、新人が頭角を現すのは容易なことではありません。は、勝負に対する精神の強さをレース中にも感じました。

今回も数々のドラマがありましたが、優勝は今季初、高椋選手。同時に年間ポイントもトップに浮上2位は黒川選手。安定した走りで堂々の入賞。年間ポイントはトップ対でただいま1位。 3位は北九州の前田選手。参戦2年目にしてお立ち台の快挙。ポイント4点をたたき出し、夢の舞台WSTCCに意欲を燃やします。 4位は末永選手。は苦手なコースと得意なコースにメリハリを着け、高得点をキープ5位におなじく北九州勢OJC所属の瓜生選手。こちらも参戦2年目にしての初入賞。

残るは最終戦のみ1ヵ月後の10月24日。まだポイントの取れていない選手は、最後のチャンス。しかも高得点をを獲得しないとWSTCC出場は難しい状況にあります。は、がんばってくださいね。

今回も多くのご協賛ありがとうございます。2010シリーズを盛り上げてくださり感謝いたしております。

では皆さんは、一月には後の遊パークで会いましょう。は、かなり寒くなっているはずです。は、体調管理とマシンの状態維持を万全に。

 

九州平日トライアル惣川

  • 代替画像

    大会の結果はコチラ→

ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト
ライズプロジェクト